影山 飛雄(かげやま とびお)

スポンサーリンク

影山 飛雄(かげやま とびお)

「ボールは俺が持っていく!!」

ハイキュー!!のもう一人の主人公。

ポジションはセッター。身長180.6cmの長身。

中学時代の北川第一中でもセッターだった。

バレーの名門白鳥沢学園への進学を希望していたが受験で落ちたため、名将・烏養監督が復帰するという烏野へ進学することに。

セッターというゲーム内で一番たくさんボールに触れてゲームをコントロールするポジションに対して、強い誇りを持っている。日向の「アタッカーのほうがかっこいい」というセリフに猛烈にセッターの良さを語った。

天才的なセッターでありながら、強力なジャンプサーブも持っている。

他にもブロックやスパイクなども一流で、全体的に何をやっても人並み以上のスキルを持っている。

日向との「変人速攻」では、日向が腕を振り下ろすところへボールをピンポイントで上げるという超人技を行っている。

中学時代は勝利のこだわりが強いがために、チームメイトに 「王様」という皮肉を込めたあだ名で呼ばれていた。あまりのこだわりの強さからメンバーの力量に合わすことよりも勝ちにこだわりトスを上げたところにアタッカーがいないという突き放された態度を取られてしまう。

烏野に入ってからもその性格は変わらなかったが、日向の純粋なバレーボールへの情熱と、自分にない身体能力からその可能性を見出し、そして、徐々にチームメイトと協調性を取るようになっていく。

不器用な人物だが、一秒でも長くコートにいたいという思いが強く、バレーボールへの情熱がとにかくすごい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です