烏養 繋心(うかい けいしん)ってバレーが下手だった?

スポンサーリンク

烏養(うかい)は鵜飼(うかい)じゃありません。でも、烏養って普通読めないですねよね。

烏野高校男子バレー部のコーチですが、本当はそんなにバレーが上手ではないのでは?という話が。

烏養 繋心(うかい けいしん)ってバレーが下手だった?

烏野高校バレー部のOB。

大学卒業後は坂ノ下商店の店番をしている。

かつて強豪と言われた烏野を率いた名将・烏養監督の孫にあたる人物。

卒業後も町内会でチームを作るほどのバレー好きだが、コーチなど人に教えることは好きではない。

ただし、そこは名将・烏養監督の孫、学生時代は後輩指導に長けていて、相手校の分析も鋭かった。

武田一鉄はそのことを知り烏野バレー部のコーチに勧誘する。

何度誘われても断っていたが、一鉄が取り付けた音駒高校との練習試合があることを聞かされ、いてもたってもいられずコーチを引き受けることに。

当初は音駒との練習試合までという約束で引き受けていたが、その練習試合の前にOBを集めて練習試合をするが、そこで現在の烏野バレー部メンバーの面白さを知り完全にのめり込んでいく。

感覚だけのコーチのように見えるが、実は経験と事前に相手チームの情報を調べておくなどのしっかりとした裏付けを持って試合に臨んでいる。

名将・烏養監督の孫、ではなく、本人自身が祖父を超えるような名将になっていくような気配がある。

バレーの腕はどうなのか?

コーチをできるくらいなので、バレーボールも当然できるわけですが、高校時代のバレー部でのポジションはセッターだったようです。

でも、残念ながら万年補欠選手だったと自身で語っているので、烏養監督の孫だからといってめちゃめちゃうまいとかそういう選手ではなかったようです。

でも、コーチや監督は一流の選手である必要はなく、むしろそうでない場合のほうが、どうすればよくなるのかがわかっていたりするので、良いコーチになったりするんですよね。

でも、補欠といっても強豪校のメンバーだったわけですから、下手くそだったというわけではないと思いますけどね。

烏養 繋心(うかい けいしん)以上のセッターがいたということだと思います。

ネタ切れになったらそのころの烏野バレー部のことを描いてほしいなぁと思いますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です